ふとめの猫の気儘な生活

注意された事。

ながらくフェルナンド・ソルの「魔笛の主題による変奏」を持ち続けていましたが弾き方が悪くて左手を痛めたため楽な指の曲を弾こうと、比較的簡単なメルツの練習曲に取り組むようになりました。
e0132536_20563972.jpg


メルツのエチュードは初心者のために書かれてありますが「ロマンス」以外はほとんど知られていません、すでにオリジナルに近い楽譜は著作権が切れていますのでネットで手に入ります。

2回目のレッスンで13番を見てもらうことにしました
e0132536_2104112.jpg

4拍子なので4泊目は弱拍になりますから当然のように弱く弾いて次の小説の1拍めを強く弾いた時、「猫さんそこ違うよ!」と師匠から鋭い指摘を受けてしまいました。
音は画像のようにミ、♯ミ、ファと続いています♯ミは単につなぎのための音だと思っていたら「そこは増音程で次のファで解決するので♯ミは強くファは弱く弾かなければならないそうです。音楽の勉強をしてきた人には当然判るのかもしれませんが、此方は見事な素人なので知らなかったのです。なるほど、教えられたとおり弾いたら曲の感じがまるっきり違ってきました。

もう1か所、スラーの時に箔が刻めないのは昔からの癖なのですが「この機会に治しましょう」と言われました。この年になって簡単になおるわけがアリマセンが仕方が無いので練習することにしました。なんとかなおれば良いのですけれども・・・。
問題の個所です
e0132536_21114490.jpg

スラーの部分を前打音同様に弾いてしまうので、ここでどうしても走ってしまいます。箔を気にして弾いたら次の小説は思いっきりポジションをジャンプするのでミの開放弦を挟むとは言え指が外れてしまうかインテンポになりません。

つくづく先は長いなと、思ったしだいです(笑)。
by futomenoneko222 | 2011-08-31 21:17 | Comments(4)
Commented by mossan0 at 2011-08-31 21:35
こんばんは・・・
さすが、偉いことやっとられますねぇ~
こんなんやっとったら絶対老化は来ないんでしょうね・・・
猫さんの頭の回転が良いのはこのせいかも・・・
私の人生と違って、これは先長く、早く終らない方がいいですね・・・
Commented by ふとめの猫 at 2011-09-01 09:31 x
もっさん おはようございます

大したことはやって無くて、昔からの惰性で弾いているだけです。
いつも先生からたくさん注意されるのですが、重要だと思うことだけ時々ギターネタにしています。
たつおさんも嘗てギターを弾いておられたとか、まじめにやればおそらく、たつおさんの方が上手でしょう。
ギターはなじみのある楽器ですがとっつきにくい楽器でもあります。でも、一定の技量が出来れば曲の数は多いので楽しめます
力は要りませんし、指先を使う楽器なのでボケ防止に良いのだそうです。
Commented by sagami at 2011-09-02 08:04 x
 じっくりと、一つのことに取り組むというのは、なかなか私にはできない
ことです。特に人に教わるのは苦手です・・教えるのも下手ですが。音楽は自
分でも楽しめて、他人にも喜んでもらえるので、いいですね~。また、この
ような活動を通じて、多くの方との交流ができるのもいいですね~。ある意
味、羨ましいことだと思います。
Commented by ふとめの猫 at 2011-09-02 11:32 x
sagamiさん家でも お子さん方が小さな時に音楽に取り組んだのではないでしょうか。
現代、習得に時間がかかるクラシック音楽を邪魔にする(どっかの府知事)風潮が蔓延していますが、クラシック音楽は人の心理を動かすための道具としてはるか昔から研究されてきた学問ですから、いまここで閉ざすわけにはいかないと思います。
有る音程には人を奮い立たせる、悲しみに浸らせて癒す、軽快な気持にして疲れを忘れさせるとか、色々な効果を伴います。
音の研究をしていなくても今までの蓄積がありますので耳で聞いてきたそれをもとにして原始的に歌を作って歌うと言う行動ですら、多くの人の心を打つことがあります。

と、まあ大層なことを書き散らしましたが、音楽は楽しいです(笑)。

そのうちに何か一緒に出来たら良いですね、お嬢さん方やそのご家族もあつまってホームコンサートなんか・・・sagamiさんが楽器が苦手だったら歌とか、リコーダーやったらルネサンスころのメロディーやアメージング・グレイスなどは割と簡単に演奏
できますよ、エーデルワイスも良いですね。
<< 滝へ・・・ 夏休み >>



普段みたこと、感じたこと、やってること、何でも書き込みます。
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧