ふとめの猫の気儘な生活

キッコウハグマ

すばらしい友人のお二方からキッコウハグマの情報を頂きましたので早速、家から一番近い場所に行ってみました。
キッコウハグマだけに気候に恵まれた紀行になるとお思いでしょうが例の如く場所は明かせませんので紀行にはなりませんダジャレと思し召して被許度く存じまする。
ホンマに良え天気やったんですよぅ
e0132536_1681757.jpg
こんな良え天気に籠ってるなんて難しいですもんね。
めっきりと晩秋らしい播州路(筆のスベリですお許しあれ、ホンマは北摂のとある場所・・・笑)、その晩秋の晴れ渡ったチョットした登山道を・・・って登山をする人の顰蹙を買う550歩ですが・・・登りつめて見れば一面のキッコウハグマ(またまた筆のスベリです、ホンマはポツポツと見えるところでは10株前後・・笑)。でした。
初物は何時でも嬉しくいただきますが、初見の花も何時も嬉しいものです、年に一度の七夕ならぬタナボタ(花も年に一度です)で友人のお世話になった花見でしたが楽しい思いをさせていただきました。
e0132536_16211324.jpg
写真が下手なので失敗画像は御愛嬌と言うところにしていただいて
e0132536_16222021.jpg
紅葉もおまけさせていただきます
紅葉の画像も下手やないか言われても・・・リベンジして出直してきます・・・(笑)。
by futomenoneko222 | 2012-11-03 16:26 | Comments(6)
Commented by mossan0 at 2012-11-03 16:43
猫さん こん××は(こちらは雲が重く、すでに夜の雰囲気です)
キッコウハグマがこの近辺にあるか知らないので、どうしてもと
云うときは丹後・但馬境まで行くのですが・・・そこは登山の領域
なので・・・現在の状態では遠慮するばかりです・・・
でも、この花も楽しい花ですね。まだ、2年前が初めてでしたが、
強い印象を持ちました・・・
Commented by sagami at 2012-11-03 18:58 x
猫さんのお宅からだと、某トンネルを通れば、すぐに行ける場所だったん
ですね~。そこは私も昨年Tさんから教えてもらったのです。私が見つけた
のは、ちょっと遠いお寺のほうでした。
 これから咲く花といえば、海辺のノジギク、六甲のシマカンギクくらいでし
ょうか。やはり関心は紅葉、赤い実、雪景色、野鳥、氷瀑などに移ってしま
いそうです・・。
Commented by ふとめの猫 at 2012-11-03 19:38 x
もっさん ばんわ~

キッコウハグマは可憐な花ですね~、華やかな花も好きですが素朴な小さな花に魅かれます。
そこは平坦な場所に咲いていたのでかがんでも寝そべっても撮れるような撮りやすい場所でした。にもかかわらず綺麗な画像が撮れなかったことが残念でしたのでもう一度行きたいと思っています。
今日の場所は往復で550歩程の登山(?笑)の場所でした。
Commented by ふとめの猫 at 2012-11-03 19:45 x
sagamiさん ばんわ~

そうなんですよ、我が家からも遠くなくて行き易い場所でした。。
御忠告のように登り坂でしたが(思ったよりきつかったです・・・笑)短かったので次は一人でも大丈夫だと思います。
帰り路に遠回りをしてヤブコウジなどを見て来ましたが、すでに赤く色着いて来ていました。季節季節に撮るものがあります、晩秋から早春にかけて花が少ない季節ですがタナゴを釣ったり、できれば今シーズンは田舎の駅舎なども訪ねてみたいものだと思っています。
Commented by たつお at 2012-11-03 20:20 x
猫さん ばんは~

キッコウハグマは薄暗い所に咲く小さなお花
背丈も低いので、マクロレンズでも撮り難いでしょうね。
ファインダー覗かなくて撮れるコンデジが、いちばん撮り易いかも・・・。

昨日、宝塚の病院に行きました。
せっかくここまで来たのだからと思って、帰りにムラサキセンブリに寄るつもりだったですが、釈放されたのが午後2時を過ぎていたので止めました><
Commented by ふとめの猫 at 2012-11-04 07:19 x
たつおさん おはようございます

それは残念!
御病気は御自身?奥さま?・・・どちらでもソロソロ肉体のオーバーホールの時期ですからこれを機会にもう一度若返るためにも世間で悪評とはいえ大がかりな検査を受けて見られるのも一考だと思います。

マクロレンズも大口径単焦点レンズも自分が絞った時の解析現象を良く知らないと言う無知から今回の失敗が始まっていると思いますのでリベンジでは思い切って絞りを何段階にも操作して試してみたいと思っています。
この際何でもf8で撮らずに何処まで自分のレンズの解析を理解できるかと言うことなのかもしれません(生意気に!・・・笑)。

ムラサキセンブリの地は最後の行程でブッシュが前より多くなっているようなきがしますので行かれるならばケガにお気をつけてください。
<< キッコウハグマ再び ムラサキセンブリの谷 >>



普段みたこと、感じたこと、やってること、何でも書き込みます。
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧