ふとめの猫の気儘な生活

セイタカアワダチソウ

筑豊の真ん中を流れる遠賀川の堤防には秋になるとセイタカアワダチソウがびっしりと群れていました
市内から旧炭鉱の住宅の方に行ってもセイタカアワダチソウでいっぱいでした。筑豊の秋はセイタカアワダチソウで深まった様な気がしました
e0132536_105744.jpg

あるとき、鼻炎がモーレツに流行りましてその原因がセイタカアワダチソウだと噂になりブルドーザーを使って全滅作戦が行われました。当時はブタクサと混同されていたようでした
それがデマだと気が付いた時には楽しかったセイタカアワダチソウの群は無くなっていました
チャンバラごっこの刀や手製の弓の矢にまっすぐな径が重宝したのですよ。僕らの隠れ家の材料にもなっていました

その頃、学校帰りに手を振ってセイタカアワダチソウの向うに消えて行ったセーラー服や学生服の友人は2度と出てこない場所に行った様な気がしています

e0132536_109954.jpg

空が青くなると昔をしのぶ感傷的な気持ちに陥ります
ま、どーせ老い先短い命(とんでもなく長生きしたりして・・・笑)感傷にふけるくらい多めに見ていただきたいものです

e0132536_10111888.jpg


街路樹のアメリカハナミズキの実も赤く熟してしました

いやがうえにも秋がもりあがりますね。
by futomenoneko222 | 2015-10-26 10:16 | Comments(6)
Commented by mossan0 at 2015-10-26 14:57
セイタカアワダチソウ・・・少し長いですが周期があるのですかね?
名前どおりセイタカで、一面びっしり生えて中に入りようがないと思
ってたら、突然腰より低い丈で生え揃ったり、場所によっては膝くら
いの小さなのが、花だけは大きなのと同じように付けて咲いていたり、
花が少ない時期ですから、なぜか癒される感じです・・・
綾部や福知山の由良川沿いの土手に、今が真っ盛りで咲いています。
Commented by sagami at 2015-10-26 17:25 x
セイタカアワダチソウは大群落をつくりますが、10年
くらいで自然に消滅するそうです。茎は丈夫で結構遊び
に使えますよね。箸がないとき茎で代用したこともあっ
たような・・。懐かしい昔です。
昨日、曽根の萩の寺から箕面をまわって清荒神まで、
28キロも歩いたのでさすがに疲れました。西国七福神
巡りという名のウォーキングです。
Commented by ふとめの猫 at 2015-10-27 15:20 x
もっさん こんにちは

彼の花を初めて見たのは大宰府近くの父の実家から父の仕事の関係で筑豊に引っ越したのが最初でした。8歳の頃の話です。
子ども心に物珍しく強烈な印象でしたよ。広がるのは早かったですね。今では、その大宰府付近にも沢山咲いています。
葦やセイタカアワダチソウがびっしりと繁っていた遠賀川河川敷は中学の頃には西洋辛子菜でいっぱいになり、それは今でも続いています。
毎年、大水でワンドが出来た居たのが上流にダムが出来たせいか全くできなくなってるようです。ザリガニ釣りや小鮒の生息地だったのでガサガサに行くのが楽しみだったのですけどね・・・。
Commented by ふとめの猫 at 2015-10-27 15:25 x
sagamiさん こんにちは

漫遊記、拝見していますよ。お元気なようで何よりです。
近畿は名所史跡に事欠かないので良いですね。天気が良い春秋には絶好な歩き日和です。が、萩の寺から清荒神は遠かったですねぇ・・・車なら1時間強でラクラクですが、昔の人の健脚も判るような気がします。
僕もセイタカアワダチソウは懐かしい花だと思います。
Commented by Lily姫 at 2015-11-01 02:38 x
セイタカアワダチソウ!
そうでしたね~
喘息の原因になる だの
そのうちススキを全滅させてしまって日本の秋の風景を変えてしまう だの
ずいぶんと悪者にされた時期がありましたね
今は生け花にも使われるとか・・・

隠れ家ですか
ああ、いいですね
隠れ家、わたしも作りましたよ
隠れ家で子猫を飼ってたこともありました

Commented by ふとめの猫 at 2015-11-02 23:43 x
こちら関西でも日毎に秋が深まって来ています

Lily姫さん おこしやす

いや、家人も少々生け花をたしなみますが(ほんに少々)まだセイタカアワダチソウを生けたのを見たことは無いですねぇ。
が、人生の一番多感な時期にたくさん見たせいか何処にでもあるこの花は夏のカンナやコスモスと共に好きな懐かしい花です。
僕らの間では、あの背の高い花の間に幾筋もの小路を付けて、鬼ごっこも盛んに行われました。広い遠賀川の河川敷で思いっきり遊んだものでした。おかげ様で勉強は最低で出世もせずのほほんと年を重ねられています(幸せな人生です・・・笑)。
<< サーモ鍋登場 箕面にコウヤボウキは在るのか!? >>



普段みたこと、感じたこと、やってること、何でも書き込みます。
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧