ふとめの猫の気儘な生活

渡り鳥、還る

月日は百代の過客にして、行き交う人も旅人と言われますが、渡り鳥は旅に生き旅に果てる鳥たちです

もう来ているだろうと散歩の練習も兼ねて(リハビリです)緑地の池の周りを歩いて見ました
e0132536_893082.jpg
最近ではだんだん減っては来ていますが毎年、渡り鳥が沢山やってくる池です

今年は未だ殆ど来ていませんでしたが

ヒドリガモが数羽、来ていました
e0132536_8121479.jpg

キンクロハジロは何故か1羽だけです。ま、近くの池に来ているのだと思いますがはぐれ鳥がプカンと浮かんでいるのを見ると、なんだかな・・・です
e0132536_822747.jpg


渡り鳥ではありませんがアオサギは何時ものように何かを思考するごとく哲学的な姿でじっと固まっていました
e0132536_8163566.jpg

他の小鳥も何処に行ったのか声もなく、静かな公園でしたので
e0132536_8185159.jpg

ストライダーを駆って落ち葉の中を家に帰る子どもの後ろ姿に晩秋を感じました
by futomenoneko222 | 2015-11-25 08:23 | Comments(8)
Commented by mossan0 at 2015-11-25 13:27
静かな公園・・・少し寂しい公園・・・
でも、こちらは昨日から時雨れっぱなしですから、
間違いなく寒気が近いと思います・・・
冬鳥が一気に増える日も近いでしょう・・・
Commented by たつお at 2015-11-25 15:43 x
こんばんは!

歩いて行ける範囲に良い公園があって、いいですね。
そこには時々珍しい鳥も来るようで~
犬に追われたので? 短期間でいなくなったらしいが、ミゾゴイとかも来てたらしいですね。

我が家周辺の歩いて行ける範囲は、田んぼと山と、川しかありません。△
Commented by sagami at 2015-11-25 19:02 x
わが家の近くを流れる川にも渡り鳥が来るはず・・
ですが、また大規模な掘削工事が始まりました。
川原の木や草もすべて刈られてしまうと思います。
鳥も魚もどこかへ行ってしまうのでは・・。まぁ、
水害が起こるのも困りますが・・。
Commented by ふとめの猫 at 2015-11-25 20:54 x
もっさん こんばんは

こちらでも今日は雨ですよ、気圧の谷の通過と言っていましたしラジオでは雪の降る場所の予報もあるような事でしたのでこの雨が上がると確実に寒くなるのでしょうねぇ。
暑いのも寒いのも苦手です(笑)。
「弁当を忘れても傘は忘れるな」と言われる山陰地方の冬も始まるのかもしれません。
Commented by ふとめの猫 at 2015-11-25 21:01 x
たつおさん こんばんは

おまけに身障者用駐車証が有るのでバカ高い駐車場に車を入れなくても近くの邪魔にならない道路わきに車を置けます(内緒です・・・笑)。
川や田んぼにも鳥は来そうですが・・・そうでも無いんですか。何時も行かれる世界遺産公園はたぶんお家から車で直ぐでしょうし、あの場所には駐車場の近くに鳥が多いですので羨ましいです(今年は谷に降りられそうに無いです・・笑)。
Commented by ふとめの猫 at 2015-11-25 21:08 x
sagamiさん こんばんは

お近くの川には渡り鳥が多いですね。工事ばかりで川が荒れるのが残念です。我が家の前の道路も現政権に変わって3回も掘り起こされていますので日本中が土建屋さんの稼ぎ時になっているような気がします。
GDPを上げるのが目的かなと勘繰っていますが2年連続でマイナス成長ですから公共工事が無くなったら如何なっているのかと思います(コンクリート工事にはメッチャ否定的な元土建屋です・・・笑)。
この雨が上がると季節が一気に進むような気がしますね。
Commented by まくら at 2015-11-30 10:36 x
猫さんこんにちは(^-^)/
冒頭の言葉、ビビンときました。
丁度今、中学の国語の教科書で読んでいるのです。
古典はまだ慣れていないけれど、何度も読むうちにまた違う感想が出てきそうです。
教科書、捨てちゃダメだな。
私は気温の変化でしか秋を感じていないのですが、近所も外を歩けば道が落ち葉の色になっているかも、しれません。
Commented by ふとめの猫 at 2015-12-01 01:49 x
またもや秋の夜長の不眠症です(この季節、度々なのですよ)

こんばんは

古典はただ古い言葉と言うだけの事ですから江戸期など現代とは言い回しが多少異なりますが現代語とさして変わらないと思いながら読んでいます。
田辺聖子さんが何冊か平安期の事を書いた小説を出しておられますし他にも色々と読み易い本がでていますが、そのような文章を参考にさせていただくことが多いです(中学の頃から・・・笑)。最初は万葉集の好きなうたや唐詩選などを覚えることから始まったんですよ・・・日本の古典好きが。
一時代前の庶民の暮らしが良かったかどうかはわかりませんが、言葉は日本語に特有のリズムが有って、なおかつ情緒が豊かだと思います。
中国の戦国策や論語など読んでおくと猶更判り易いですね。先生方には申し訳ないですが学校で習った古典とは少しニュアンスが違うような気もしてるのですよ(試験では不正答でしょうねぇ・・・笑)。
<< ウクレレ・マブハイその後 残念な訃報 >>



普段みたこと、感じたこと、やってること、何でも書き込みます。
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧